teeth trivia
教えて、すまいるドクター。
歯に関する豆知識

教えて、すまいるドクター。
歯に関する豆知識

teeth trivia

とっても身近になるのに、意外と知らないことも多い?すまいるドクターズが知って得する歯に関する豆知識をお伝えいたします。

    • 2019.03.15.

      溶けた歯はもとに戻る?

    • 院長 山村 洋志明 先生

      教えてくれるドクター :
      院長 山村 洋志明 先生

    • お伝えしたとおり、細菌の作る酸や食品の酸により常に歯は溶かされています。こんなことでは食事をするたびにどんどん歯は溶けてなくなってしまいそうですが、実際はそんなことはありません。その理由は「唾液」にあります。
      唾液には口の中を常に中性に保つ働きがあり、飲食により口の中が強い酸性の状態になっても唾液の作用により30分ほどで中性に近づいていきます。
      歯が溶けるpH5.5より高くなると、溶けかかった歯が修復されていきます。この現象を「再石灰化」といいます。
      近年、「食後の歯磨きは30分後にしましょう」という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、その理由は食べた直後は脱灰が起こって歯が弱く、そのタイミングで磨くと歯がすり減りやすいからです。再石灰化が起こって歯が硬くなるまで30分ほど待ってから磨くと歯磨きで歯がすり減るリスクを減らせます。
      なお、中性のお水やお茶を口に含むことでより早く中性に戻りますし、細菌のエサになる糖類(炭水化物)を洗い流すことができますので、食後はお水やお茶を飲んだりそれらでうがいしたりすることは再石灰化にとって有効であるといえます。
      もちろん、糖類や強い酸性の食品をなるべく避けることが歯を守るうえで一番大切ですよ。

prev

教えてくれるドクター :  先生

口腔乾燥症の原因は?

next

教えてくれるドクター :  先生

虫歯じゃなくても歯が溶ける?

院長 山村 洋志明 先生 が教えてくれた その他の豆知識

私たちがお答えします。
すまいるドクターズです!

診療予約
採用サイト
ページトップ
  • 診療予約
  • 採用サイト
ページトップ