medical guide
診療案内 < 矯正歯科 >

「人生100年時代」

歯科矯正について

噛み合わせが正しくなる
歯並びがきれいになる

こんなお困り事はございませんか?

  • ・もっとしっかりとした噛み合わせにしたい
  • ・歯並びが気になる・・・
  • ・自分の笑顔に自信がない・・・
  • ・昔、矯正したけどもとに戻ってきている・・・
  • ・健康な歯を削って被せ物にしたくない・・・
ご興味がおありの方はぜひ一度、ご相談くださいませ。

でも、「どこの歯科医院に相談すれば良いのかわからない・・・」
矯正治療を行っている歯科医院は、矯正専門歯科以外にも最近、増えていますので、歯科医院の選び方は難しいですよね。
矯正治療を安心して受けるためには、通いやすさはもちろんですが、治療方法、 担当の歯科医師との相性や、費用の面など、様々なクリアすべき課題がありますよね。

すまいる歯科では、みなさんが私たちにお気軽に相談ができるように、【矯正治療の無料相談】を実施しています。 (セカンド・オピニオンも同様に受け付けております)
下記にすまいる歯科での矯正治療についての特徴を記載いたしましたので、ご興味がおありの方はぜひ一度、ご相談くださいませ。

すまいる歯科の矯正治療の3つの特長

無料カウンセリングについて

気軽な無料カウンセリング

まずはしっかりとお話を聞かせていただき、そして、ご希望であれば、レントゲン・模型の製作・計測などを行い、現在の状況がどういったものになっているのかを歯科医師、またはカウンセラーからしっかりと説明させていただきます。
ですので、まずはお気軽にご相談下さい!

採取した模型や写真をもとに、次の診察で個々の症例にあわせた治療の方法や期間、費用まで丁寧にご説明をさせていただきます。 不安な点や疑問点などがあれば、どんな小さなことでも気軽にご質問下さい。

相談をしたからといって契約をしなくてはいけないといったことは一切ありませんのでご安心ください。

矯正治療は長期治療となるため、歯科医院と患者さまの信頼関係が重要です。 そのため、患者さまの不安をまずは解決していただき、「すまいる歯科と共にキレイな歯並びを手に入れたい」と思って頂いてからスタートをしたいからです。
(無料矯正カウンセリングをご希望の方はお電話でその旨お伝えください。)

プロが対応

「矯正専門医の木村先生にお越しいただいています。」

歯並びのプロ・噛み合わせのプロが対応

すまいる歯科では、山村院長とともに、愛知学院大学歯学部・歯科矯正科より、矯正専門医である木村雅一先生におこしいただいて月に2〜3回の矯正診療日を設けております。
また、適用は少ないですが、すまいる歯科ではICOI国際インプラント学会のインプラント認定医である山村院長によるインプラントなどを併用した矯正治療を行ったほうが、他の歯に負担をかけずに健全に歯並びを治せる場合もあります。つまり、矯正治療の幅が大きく広がるのです。まさにすまいる歯科ならではの矯正治療と言えるのです。

指導プログラム

虫歯にさせないための指導プログラム

予防歯科による虫歯にさせない指導プログラムがあり、むし歯にならないようにします。

矯正は健康にも美容にもとてもいい治療ですが、器具を装着しているためむし歯になりやすいのが欠点です。
そこですまいる歯科では予防歯科も一緒に行い、むし歯にならない治療をおすすめしています。

矯正で歯並びを改善しつつ、むし歯になりにくい歯も作る。
一石二鳥の治療方針をとっています。

矯正治療の流れ

矯正治療の流れ

  • 矯正相談・資料取り・矯正診断
  • 矯正スタート・保定・定期健診

治療の時期

治療の時期 表
治療の時期 表|スマホ

矯正の治療法と費用について

I期治療 (乳歯が残っている患者さん)

430,000円(毎回の処置料3,000円)

永久歯に生え変わる前に、顎を広げたり、顎の成長発育を利用して、顎の大きさのアンバランスを修正する必要があります。

6~9歳という時期に矯正治療(口腔育成指導も含みます)を行うことにより、これから生えてくる永久歯の場所を確保することで、 歯を正しい位置に移動することができ、永久歯を抜かずに治療できる可能性は高くなります。

使用する装置といたしましては、

  • ①マウスピース型の矯正治療である「インビザライン治療」
  • ②顎を拡げるために使用する「拡大床装置」
  • ③取り外す必要のない固定式の顎拡大装置である「クワッドヘリックス」「リンガルアーチ」
  • ④正しい舌の位置を学び、鼻呼吸を獲得し、ポカン口を修正する矯正装置「マイオブレイス治療」

の主に4つの方法で治療いたします。 (症例の難易度とご自宅での装置の装着状況により、推奨される装置が異なります。) 治療期間は個人差がありますが、2年~4年ほどとなります。 また、顎を動かすだけでなく、ポカン口、口呼吸、姿勢、異常嚥下癖などの悪習癖を適切な時期に無くして、正しい習慣を身につけさせるアクティビィ(指導)を行います。

7~9歳向けの矯正装置

すまいる歯科では、I期矯正治療において、 第1選択として「インビザライン治療」をオススメてしております。

ただ、毎日の装着時間が少ない場合、意図的に壊してしまったりする場合、 インビザラインでは治療効果が低い(他の装置の方が短期間で完全できる)と判断される場合は、 拡大床装置や固定型の装置を使用いたします。矯正相談・診断時に詳しく説明させていただきます。

インビザライン治療について

Ⅱ期治療 (永久歯に生え替わっている患者さん)

820,000円(毎回の処置料3,000円)

Ⅱ期治療において当院では、

  • ①マウスピース型の矯正治療である「インビザライン治療」
  • ②歯の表面にボタンをつけ、ワイヤーで歯を動かす「マルチブラケット治療」

の二つを治療選択していただいております。 (症例の難易度によって、推奨される装置がことなるので、矯正相談時に詳しくご説明いたします)
インビザライン治療、マルチブラケット治療においては、おおよそ月に1回くらいのペースで来院していただきます。

「インビザライン治療」 と 「マルチブラケット治療」 のメリット・デメリット

「インビザライン治療」と「マルチブラケット治療」 のメリット・デメリット
「インビザライン治療」と「マルチブラケット治療」 のメリット・デメリット|スマホ

インビザライン治療

インビザライン治療(クリアマウスピース型矯正装置)について

インビザライン治療
(クリアマウスピース型矯正装置)について

矯正治療において、2000年くらいから、マウスピース型の矯正装置を使用して歯を移動させるという治療法はありましたが、 近年、インビザライン代表されるような、オーダーメイド型のクリアマススピースによる治療法が急激に普及してまいりました。

これは、600万人を超える症例数を参考にして、コンピューターにより設計した治療法に合わせて作られた、 透明で薄いマウスピースを使用することによって歯を計画的に移動させる矯正治療法です。

従来型のブラケット治療で問題となっていた、「目立つ」「痛い」「歯磨きが困難」という問題を解決する治療法で、 特徴としましては、「目立たない」「取り外せるので歯磨きが容易」「取り外れるので食事に制限が無い」という大きなメリットがあります。

また、最近、問題になっている「金属アレルギー」に対しても、インビザラインはプラスティックトレーを使っていますので、全くその心配がありません。

invisalign

インビザライン治療の特徴

  • 透明なマウスピースなので、装置が目立たない

    〈メリット1〉
    透明なマウスピースなので、装置が目立たない

    小学生であっても、拡大床装置のワイヤーが見えていたり、歯の表面にボタンをつけるブラケット治療(ワイヤー矯正)には抵抗があるお子様が多いのが現状です。透明なマウスピースであるインビザライン治療ははお子さんの治療へのモチベーションを高めてくれます。

  • スポーツを頑張っているお子様にも最適

    〈メリット2〉
    スポーツを頑張っているお子様にも最適

    スポーツをがんばっているお子さんの場合、運動している間は、「拡大床装置」などの装置は取りはずないといけません。そうなると、どうしても「装着時間」が短くなってしまう傾向があり、治療が長期間になります。その点、インビザライン 治療は運動している間も装着が可能なので、矯正治療が順調に進むことが多いです。

  • 透明なマウスピースなので、装置が目立たない

    〈メリット3〉
    装着の違和感がとても少ない

    拡大床装置や固定式装置、ワイヤー装置などはどうしてもお口の中での存在感が大きいので、違和感がとてもでます。また、正しい嚥下や呼吸、ポカン口の除去などは拡大床装置などを装着しているとなかなか改善することができません。インビザライン治療は違和感がとても少なく、悪習癖の改善にも大きなメリットがあると言えます。

  • 衛生的

    〈メリット4〉 衛生的

    固定型装置、ワイヤー装置の1番の問題は、口腔内の清掃が難しいということもあり、虫歯のリスクが高まります。

    また、拡大床装置は4~6ヶ月間、同じもの使用し続けますので、衛生的にしておくことは、掃除などの工夫が必要で、保護者の方の日常のストレスにもなりやすいと言えます。その点、インビザライン治療は、マウスピースを取り外して歯磨きができるので、虫歯リスクを下げることができますし、1週間~10日ごとにマウスピースを新しいものに交換していくため、常にきれいな状態の矯正装置を使用できるという点でとても衛生的であると言えます。

年齢別の矯正治療

年齢によって最適な治療方法が異なります。こちらでは、世代別の最適な治療法をご紹介していきます。

  • 未就学児

    歯ナラボにおいて、悪臭癖を改善して、小学生以降の永久歯の生え変わりに対して、準備をいたします。 (12ヶ月60000円。一回の処置料は3,000円)

    使用する装置例

    未就学児
  • 小学生

    この頃になると、顎の小ささの問題や永久歯がきれいに並ばない可能性がでてくるお子さんが多数いらっしゃいます。 こういったお子さんに関しましては、取り外し式のクリア型マウスピース療法である 「インビザライン」や取り外し式の「拡大床装置」と呼ばれる装置、取り外しのできない 「クワッドヘリックス」などの装置を症例に応じて選択し、 抜歯をせずに永久歯を萌出させることができる治療を行います。

    また、悪臭癖が永久歯の歯並びの大きな原因になっていることが多いので、 機械的に歯を動かしていく治療だけではなく、歯ナラボにおいて、 悪臭癖を除去していくアクティビティを行なっていきます。

    使用する装置例

    未就学児
    未就学児
  • 中学生

    すでに永久歯にほぼ生え変わっている年齢になり、様々な問題を抱えている状況である場合が多いです。 「歯並びがガタガタしている。」「八重歯になっている。」「噛み合わせがうまくできていない。」「噛み合わせが反対になっている。」などです。治療法としては、インビザライン治療か、ブラケット治療の選択になりますが、症例によって推奨される器具がありますので、矯正相談時にご説明させていただきます。

    使用する装置例

    中学生
  • 高校生~成人

    中学生以上と基本的には同じでありますが、歯を詰める治療や、歯に銀歯がかぶさっている歯がある場合は、矯正治療を行えるように再治療をお願いすることがあります。
    また、年齢によっては、矯正治療において歯の移動に時間がかかる場合がございますので、「矯正相談」時に詳しく説明させていただきます。

    使用する装置例

    高校生~成人

矯正治療に関して不明点など
お気軽にご相談ください。

お問い合わせ
診療予約
採用サイト
ページトップ
  • 診療予約
  • 採用サイト
ページトップ