medical guide
診療案内 < 義歯 >

「人生100年時代」

「人生100年時代」

  • 「痛みを少し我慢すれば噛める」

  • 入れ歯

を目標にするのではなく、

「噛んで健康になる」入れ歯

を一緒に目指しませんか?

「うまく噛めない……」「痛くてつらい……」そんな入れ歯のご不満があっても、「そのうち慣れるだろう」と放置していませんか? 合わない入れ歯を使い続けていると、次のようなことになりかねません。

  • 粘膜異常

    入れ歯が強く当たる粘膜の部分に、入れ歯による「床ずれ」のような 「褥瘡性潰瘍(じょくそうせいかいよう)」が生じることがあります。

  • まわりの歯への負担が過重になります

    合いの悪い義歯を使い続けると、まわりの歯に過度な負担を掛けることになり、 まわりの歯の寿命を縮めてしまうことがあります。

  • あごの骨が痩せてしまいます

    顎の骨にきちんと咀嚼の刺激が伝わらないことにより、骨が痩せてしまう可能性があります。 気になる症状がある方、または入れ歯が合わないと感じている方は、当院にご相談ください。

健康保険適応の義歯と自由診療の義歯の違い

入れ歯には保険適応で作製できるものと自由診療で作るものがあります。
費用の違いはいうまでもありませんが、大きく違うのはその素材の選択肢の広さです。

すまいる歯科の取扱義歯

  • 保険義歯

    保険義歯

    歯肉に触れる部分がレジン(プラスチック)で作られた保険診療の入れ歯です。 金属素材よりも多少厚みがあるので熱が伝わりにくく、食べ物の温度が感じにくくなります。 また、人によって装着時に少し違和感を覚えることがあります。

    一般にレジンは、他の素材と比べて適合性がやや劣ると言われていますが、 最近ではこのデメリットを改善できるレジン床義歯も出てきています。 保険適応なので安価に治療でき、ほとんどの症例で使用できるといったメリットもあります。

  • 自由診療義歯

    自由診療義歯

    「 極限まで厚みを薄くできて、強度も十分。食事を楽しむことができる 」金属床

    歯肉に触れる部分が金属素材で作られた入れ歯(自由診療)です。 レジンよりも薄く作ることができるので、熱が伝わりやすく、食べ物の温度を感じやすいという特徴を持っています。 また、違和感もほとんどありません。薄い割に強度が高く、床に落としても割れる心配はありません。
    金属床義歯は修理が難しく、自由診療なので費用はかかりますが、それ以上の満足を得ることができます。 見た目や快適さなどを考え、「保険診療の入れ歯ではどうしても満足できない」という方におすすめです。 割れにくい、変形しにくい、ほとんどの症例で使用することができる、といったメリットもあります。 なお、使用する素材によって見た目や性能に多少の違いが出てきます。

    ■金属床のメリット

    • ・歯全体が金属のフレームで補強されています。
    • ・床の部分が金属の為、食事などの際に冷たい、温かいなどの温度感覚がわかりやすく、食事が楽しめるようになります。
    • ・強く噛んでもたわみが少ないため、カタツキにくく、歯肉の痛みがでにくい。
    • ・床の部分が薄く作れるので、違和感が少ない

    ■金属床のデメリット

    • ・作製費用、期間がかかります。(精密に作製するため、作製ステップで確認が必要になります)
    • ・残っている歯にトラブルがあると、修理が難しい場合があります
      (多くの場合、一時的にお預かりして修理する必要があります)
    • ・金属アレルギーの心配がある
  •  「 金属のバネがなく、見た目が自然」ノンクラスプデンチャー

    「 金属のバネがなく、見た目が自然」ノンクラスプデンチャー

    入れ歯の針金が審美的に問題があるという方、インプラント治療は抵抗のある方、 インプラントの上部構造で噛めるようになる前でも綺麗でいたいという方におすすめです。
    金属の使用を極限まで少なくした部分入れ歯で素材は柔らかく少々曲げても割れることはありません。 歯茎と同じピンク色なので装着していても目立ちません。
    ただすべての部位の部分入れ歯に使用できるわけではなく、その症例は限られていますし、 その素材の関係からだいたい2~3年ぐらいしかもちません。そのため新しく作り直す必要があります。
    大きくわけて日本で取り扱っているノンクラスプデンチャーの素材にはポリアミド(ナイロン)、 ポリエステル、ポリカーボネート、ポリプロピレンの4種類があります。 それぞれ特徴があり、当クリニックではその中の3種類を厳選して使用しております。

    ■ノンクラスプデンチャーのメリット

    • ・薄くて軽量、違和感が少ない。
    • ・金属のばねがないため、口を開けたときに目立ちにくい。
    • ・フィット感、審美性に優れている
    • ・弾力性があり、壊れにくい

    ■ノンクラスプデンチャーのデメリット

    • ・噛む力が強い方は、義歯のたわみのため、義歯の安定が得られにくいことが多いです。
    • ・歯の欠損状態により適応できないこともある
    • ・激しい温度変化に弱く、熱伝導性に劣る
    • ・自費診療なので比較的高価
    • ・顎も体のように太ったり痩せたりしますので、2~3年程で新しいものを作り直すか、修理した方がいいです
    食事などの際に、歯肉の痛みが出てしまう方

費用に関して

金属床(自由診療義歯)は25万円です。ノンクラスプデンチャーも25万円です。保険の義歯は費用は1~2万円程度です。

診療予約
採用サイト
ページトップ
  • 診療予約
  • 採用サイト
ページトップ