measures
感染症対策

当院での器具滅菌についての取り組みについて

当院での器具滅菌についての
取り組みについて

消毒・滅菌とは患者さんからは、
見えにくいところであるからこそ、
我々はこだわります。
なぜなら我々医療人には患者さんの安全を
守る責任があるからです。

感染症対策、全体のたった3割!! 歯科医院の感染予防対策の実情

先日、新聞等にて、歯科医院における感染予防対策についての記事が載りました。
平成24年に日本歯科医師会会員を対象に実施されたアンケートでは、 患者様ごとに歯を削る器具(タービン)の柄の部分を滅菌している歯科医院は全体の3割のみ。 歯科医院によっては患者様のお口に入れた機器を、軽く洗ったりアルコール綿で拭く程度しかしていないということですので、 院内感染の不安が懸念されています。
しかし、みなさんのお口の健康を守るという使命のある歯科医院にとって、滅菌は最も重要なテーマです。 治療に使用した器具には、ヘルペス、ヒト免疫不全ウィルス、結核菌、インフルエンザウイルス、 B型肝炎ウィルス、C型肝炎ウィルス、といった、ウィルスが付着している可能性があるのです!

歯科医院における感染予防対策の新聞記事

すまいる歯科の感染症対策への徹底した取り組み

すまいる歯科では、患者様の歯を削る機械(タービン、コントラ、5倍速コントラ)はすべて、 「DACユニバーサル」にて1回治療するたびに、1本ずつ滅菌処理をおこなっており、 院内感染等の懸念はございませんので、安心してください。
今後も、みなさんが安心して通院できる環境づくりを心がけていきたいと思っております。

DACユニバーサル製品ページ

すまいる歯科の器具滅菌のこだわり

01.滅菌前に洗浄する!

滅菌前に洗浄をすることにより、付着した病原性のある有機物を取り除きます。
外部洗浄の工程では冷水で2回、温水で1回、コントラアングルおよびタービン(歯を削る器具、キーンと音がして先が回るもの)の 内部回路をすみずみまで洗浄します。

02.外部だけでなく内部も滅菌!

バックフラッシュというこの器械独自の工程があり、機械内部にいたるまでの厳密な滅菌(完全にすべての菌を死滅させる滅菌)を 一気に行えるという優れものです。
現在、日本の多くの歯科医院で使用されているオートクレーブでは、 コントラやタービンに入り込んだ血液や唾液の除去や滅菌を完全に行うことができません。

DACユニバーサルによる滅菌工程
~最新の滅菌機械を使用しているすまいる歯科の滅菌工程をご覧ください。~

  • ハンドピース

    01.
    ハンドピースとは、虫歯を削ったりする器械のことをいいます

  • 患者さんひとりに滅菌したハンドピース

    02.
    患者さんひとりに滅菌したハンドピースを一本使用します

  • DACユニバーサルにて滅菌

    03.
    使用後はDACユニバーサルにて滅菌いたします

  • 消毒後、超音波消毒をします。

    04.
    虫歯を除去するのに使用したバーは、消毒後、超音波消毒をします。

  • オートクレープと呼ばれる182度の高圧蒸気滅菌器

    05.
    オートクレープと呼ばれる182度の高圧蒸気滅菌器で滅菌いたします。

  • すべての菌を滅菌

    06.
    これですべての菌は、滅菌されます。

以上のように、すまいる歯科ではハンドピースの使用毎に、この滅菌作業を繰り返し行なっております。
ハンドピースは繰り返し滅菌すると器材の寿命は確実に短くなり、早期に買い替えが必要になります。
非常に高価であるものですが、現在すまいる歯科では計100本以上のハンドピースを常備して、 一本ずつ確実に滅菌しながら治療に使用しています。
患者さんからは、見えにくいところであるからこそ、我々はこだわります。
医療人には患者さんの安全をまもる責任があります。

診療予約
採用サイト
ページトップ
  • 診療予約
  • 採用サイト
ページトップ