staff blog
スタッフブログ
すまいる通信

  • 2021.06.19.

    噛ミング30運動

    M.Umemura
    歯科助手 M.Umemura write.
  • 愛知県岡崎市・豊田市にあります、すまいる歯科の梅村です✩.*˚

     

    一口30回噛むことを目標にした「噛ミング30運動」皆さんご存知でしょうか?

    噛ミング30(カミングサンマル)運動とは、歯科保健の分野から食育を推進するための キャッチフレーズで、一口30回以上噛むことを目標とし、より健康な生活を目指すというものです♪

    ひと口で30回噛むということは意外と難しいものですね!!

    食事中、意識しないとなかなか出来ません。

    私も頑張ってみたのですが、アゴが疲れてしまったので普段いかに噛んでいないかと実感させられました。

    日本人の主食は平安時代から戦前までは、米や麦、おかずは魚や野菜を食べていました。

    1度の食事時間はおよそ2030分。噛む回数は1500回位だったそうです!!

    更にさかのぼり、弥生時代では、木の実や干し物類を食べ、1度の食事時間はおよそ1時間。

    噛む回数は・・・なんと3900回!!!

    これに対して現代は加工品や欧米化の食事が多くなり、1度の食事で噛む回数は620回位

    弥生時代の6分の1となっています!

    弥生時代の人はアゴがしっかりとして、歯並びも美しく揃っていたようです。

    歯ごたえのあるものを多く噛むと唾液が分泌されて、少々歯磨きをしなくても汚れは自然に洗い流されていきます。そして、口の中の環境が良くなります。

    「噛ミング30運動」が薦められているのも納得です。

    30回しっかり噛むことが

    認知症防止

    肥満防止

    その他、健康維持へと繋がります!!

    皆さんも一口で30回噛む!

    一度ためしてみてくださいね❁⃘*.゚

     

スタッフブログ~すまいる通信~の人気の記事

Copyright © すまいる歯科 All Rights Reserved.

診療予約
採用サイト
ページトップ
  • 診療予約
  • 採用サイト
ページトップ