すまいる通信

救命講習を受けてきました。(愛知県 豊田市 岡崎市 歯医者)

2014年7月30日

こんにちは!!すまいる歯科の野場と申します。

入社して初めてのブログ投稿です!!はりきって書きたいと思います!!よろしくお願いします^^♬

 

先日、7月25日に岡崎西消防署で普通救命講習を院長を含め、7名で受講してきました。

securedownload

みなさんは実際に目の前で人が倒れていたらすぐに助ける行動へうつせますか??

以前の私でしたら、あたふたして他の誰かがくるのを待っているだけだったのかもしれません。

しかしこの講習を受ける事によってどんな場面に遭遇しても自分の役割を見つけることが出来るようになった気がします。

 

講習の中で、消防署の方が言っていたことで印象に残っている事があります。

「救急救命士は人の命を助ける事ができません!!」

その意味は一体どういう事なのか、始めのうちは理解できませんでした。

 

人がいきなり目の前で倒れるという事は日常生活で起こりうることです。

しかし、救急車が来るまでに最低でも8分もかかってしまうそうです。

その8分の間に私たちが心肺蘇生をするかしないかで生存率が二倍も変わってしまうそうなのです!!

このときやっと、目の前の人を救うには“その場に居合わせた人が心肺蘇生を行うこと”が最も大切だという

消防署の方の言っている意味が分かりました。

 

実技講習では、人工呼吸や心臓マッサージなどの練習を行い、始めのうちは力がうまく入らず苦戦していましたが、

練習の成果もあり最後にはコツをつかみ、できるようになりました。

securedownload-2securedownload-3

やはりこれは経験しなければ出来るようにもなっていなかったですし、逆にできるものだと過信していたのかもしれません。

 

この経験は、今後もし身近で何かあった時、すぐに駆けつけ助けられる自信につながりました。

みなさんもぜひ受けてみて下さい!!

 

 

 

カテゴリ : 今日の出来事

24時間オンライン初診予約 操作方法の説明はこちらから